アメリカの「アンカレッジ空港」を追加する拡張パック!

定価
3,690円(税別)
仕様
拡張パック(X プレイン10本体が必須)
プラットフォーム
Windows(※Mac版、Linux版は、含まれておりません)
販売形態
ダウンロード販売









アンカレッジ空港プロンモーションムービー


※英語版のムービーとなります。






製品紹介

●拡張パック アンカレッジ空港
数ある空港から、X-Plane初のアメリカの空港が登場です。テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港(PANC)はアラスカ最大の空港。多くの国内線と国際線が乗り入れています。アジアやロシアの航空会社に加え、フランクフルトからはドイツの「コンドル航空」が、チューリッヒからはスイスの「エーデルワイス航空」が、5月から9月までの夏季に就航しています。かつては航空会社「LTU」が、一時的にデュッセルドルフから同じ路線を就航していたこともあります。

国内に目を向けると、非常に多くのボーイング737を運航する「アラスカ航空」が圧倒的な存在感を放つ一方、米国の他の航空会社もこの空港を利用しています。

いわゆる「米本土48州」にある最寄りの大型空港はシアトルです。さらにPANCは、アジア〜アメリカ合衆国ルートに欠かすことのできない貨物流通の中心地でもあります。かつて空港にあった「クリス空軍州兵基地」はアンカレッジの北のエルメンドルフ空軍基地に移転しましたが、現在でもその施設や建物を見ることができます。

レイク・フッド:世界最大の水上機基地であるレイク・フッドはPANCのすぐ隣にあり、多くの街路を横断する誘導路で接続されています。夏には最大800機の水上機がここから離陸し、釣り人やバックパッカーといった旅行者をアラスカ各地に送り届けます。また、数多くのツアーオペレーターの本拠地にもなっています。

Z41:レイク・フッドの隣には砂利滑走路「Z41」があり、いわゆるタンドラキット(荒野の未舗装滑走路に着陸できる特別な車輪)を持つ飛行機が利用しています。

熱心なフライト愛好家やパイロットたちの天国が、満を持してX-Plane10に登場します!

●製品特徴
  • 国際線ターミナル、国内線ターミナル、貨物エリアなど「テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港」の景色を再現。
  • 航空画像(15cm/ピクセル)に基づいた、写真のようにリアルな地上テクスチャ。
  • 数多くの据え付け航空機を含む、世界最大の水上機基地「レイク・フッド(LHD)」を詳細に再現。
  • 砂利の滑走路「Z41」を再現。
  • 誘導路と滑走路標識一式。
  • X-Plane10ならではの美しい夜間効果。
  • 高いフレームレートに最適化。
  • LIDOチャート。
※Mac版、Linux版は、含まれておりません。







ホーム 製品紹介 ショップ サポート

© 2015 Laminar Research Inc., Aerosoft GmbH. All rights reserved. Distributed by Aerosoft GmbH™ Lindberghring 12 ・Airport Paderborn/Lippstadt D-33142 Bueren, Germany All trademarks and brand names are trademarks or registered trademarks of their respective owners. Produced in Germany. www.aerosoft.de, www.xplane10.eu ・Picture: © airteamimg.com, Siegfried Fries / pixelio.de